わが社の社会貢献活動について

社会貢献

~地域と共に~

公共的空間への広告協賛、各種催事協賛など、地域と社会を支援する活動に参加しています。店舗駐車場にはガードマンや当社スタッフを配置し、巡回を行い、常に安全と安心を心がけた運営に力を注いでいます。また当社スタッフとして、地元住民の皆さまを積極的に雇用、人材の育成を図っています。

~楽天イーグルスを応援しています~

地元企業として楽天イーグルスを応援しています!がんばれ!楽天イーグルス!

~防犯・防災活動を強化し、安全・安心なまちづくりに貢献します~

当たり前のことですが、青少年の健全な育成のために、18歳未満の方のパチンコ店内への入場を厳禁としています。
そのために他社に先駆け、店内の巡回を当店専属スタッフで行い、18歳未満と思われる方には、積極的な声がけをし、警察及び関係各位と協同し、入場を未然に防ぐ体制を強化しております。
駐車場にもガードマンならびに当店スタッフを配置し、毎時、巡回を行い、常に安全と安心と清掃を心がけた店舗運営を心がけてまいります。

私たちは、防災活動に積極的に参加してまいります。
消防署で行われる、救命講習をスタッフが常時受講して、地域の一員としてお役に立てるよう、地域の皆さまの万が一のために備えるつもりでおります。

店内の自衛消防隊はもちろん、近隣周辺での出火時にも地域の一員として、積極的に消火活動等に参加いたします。 すでに塩釜店では、塩釜市より“津波発生時の避難場所”として指定いただいております。

 

無駄金のたばこ

自分のやりたいことができなくなってもやめられないのが、タバコ・・・

本当はとってもひげが濃くて、朝剃って出かけても夕方には青髭になって営業をしているので恥ずかしくて仕方ないので、ひげの脱毛がしたいんです。

けど、その費用を貯めようとして給料から貯金分をのけていても、結局月末が近づくとお金がなくなってタバコが買えないっていうことになり、そのお金を使ってしまう・・・というのを繰り返しています・・・

このサイト(ヒゲ脱毛高松市)で、どこに通うかまで決めているのに・・・。

私が今一番無駄遣いだと思っているのはタバコですが、以前ですとあまり家計にも負担にならなかったですが、近年は毎年のようにタバコの値段が上がり、家計にも影響が出始めています。

私が吸っているタバコの値段は、1箱460円です。それを1日1箱吸っていますので、月にすると1万4千円ほどになります。
私がタバコを吸い始めたときは1箱200円代ですので、それを考えると倍になっています。

今後1箱千円といった料金になるのも否定はできないので、相当家計を圧迫することになります。タバコは健康に悪いのに、得になることはないと思ってはいますが、やめられないのです。

今まで何度も禁煙にチャレンジをしましたが、どうしても長続きしません。我慢しようとするとイライラしますし、食事後のあの一服のおいしさを考えるとついついタバコに手が出てしまします。

また私の周りには喫煙者が多いため、夜食事や飲みに行くと、周りがスパスパ吸っていると我慢できなくなります。
もちろん意思が弱いのも問題だとは思いますが、やめたいのにやめられない状態になっています。

ただこれからまた値上がりすることを考えるとお金がもったいないと思いますし、タバコをやめればその分貯金に回すこともできますので、今相当頭を悩ましています。

一人の力では限界もありますので、今禁煙外来といった方法も人気になっていますので、そちらも検討をしています。
一刻も早くこの無駄遣いをやめられたらと、切なる願いになっています。

太い脚と太い毛

私のコンプレックスは太い脚です。ふくらはぎも太腿も太いです。
体重はどちらかというと痩せ気味だし、上半身も薄っぺらいのに、なぜか脚だけが太いんです。

しかも、足の毛も太くて目立つんです。
毎回カミソリで処理をするんですが、気がつくともう生えてきてしまいます。
脱毛サロンが気になっていて、熊谷駅周辺の美容クリニックを見つけると、つい覗いてしまいます。
※熊谷市の脱毛サロンが気になっている方は・・・http://xn--7st212azme5zsh5m.jp/

どうしてこんなに太くなってしまったんだろう、といろいろ思い出してみると、小学生のときに原因があるような気がします。
私が通っていた小学校は、なぜかなわとびにえらい力を入れていました。

二重跳びやハヤブサといった、難しい跳び方をみんなで競って練習していたのです。

私も例外ではありません。
毎日放課後にはなわとびを持って遊んでいました。
なわとびは脚の筋肉を使います。飛び上がるときも着地のときもです。

しかも私は、柔らかい土の上ではなく、庭のセメントの上やアスファルトの上で飛び跳ねていました。
地面が固いと、当然、脚にかかる負担は大きくなります。

私は毎日毎日脚に負荷をかけながら、なわとびを跳んでいたのです。

その結果が、太い脚です。
小学校を卒業して15年経った今でも、あのときのトレーニングの成果が脚に残っているわけです。

もうミニスカートやショートパンツをはきたい年齢は過ぎたものの(学生時代ははきたいのに太い脚を出すのが嫌でとても悩んでいました)、スキニーパンツをはくときは、ちょっとためらいます。
こんな太い脚のラインを出してよいのかしらと悩むわけです。

いや、お店での試着の段階から悩まなければいけません。
買う気満々のときはいいです。
でも買うと決めたわけではないけれど、ちょっとはいてみたいなあというときに、私の悩みは始まります。

「太い脚を入れたせいで、このパンツの生地が伸びて売り物にならなくなったら申し訳ない」と思うわけです。

いままで脚を細くする努力もしてきました。
メディキュットをはいて「むくみじゃないから意味ないんだな」という結論を得たり、毎晩マッサージクリームを塗っては皮膚がかぶれたり。
本当に、楽に痩せられればいいのに・・・。

その結果、私は次の結論を得ました。
「あと5年もすればスキニーパンツなんかはかないし、脚が太いからと言って困ることはなくなるだろう」。

考え方を変えるだけで、コンプレックスをなくす方法です。
年をとるのもいいものです。

肌荒れ、濃い毛、体毛の処理の大変なところ

私は昔から体毛の濃さを気にしてきました。腕も足も放っておくと、もさもさと沢山の毛が生えてきて、男性のようです。

毎日お風呂に入る時に体毛を剃るのですが、一日でもこれを怠ると、ピンと太い毛がたちまち伸びてきます。

困るのが空気の乾燥する冬の間です。もともと肌が敏感で、あまり強くないため、足のすね毛を剃った後は特に肌が荒れてしまいます。

最初はガサガサと粉をふく程度ですが、悪化してくると、肌が魚の鱗のようにひび割れはじめ、ジンジンと鈍い痛みを伴うようになります。

ここまで来ると徐毛後に保湿性のあるクリームを塗ってもまったく効果がありません。痛みから体毛を剃ることを一時的にやめると、濃くて太い立派な毛が生えてきます。

冬の間は膝を出すこともないので、自分一人が我慢をすればよいのですが、夫が私のすね毛を見て大変嫌がります。女を捨てているとか、自分よりスネ毛が濃いだとかネチネチと言ってくるのです。

なので結局また痛みがひいたころに毛を剃るのですが、再び肌が荒れるてしまう、この繰返しです。思いきって脱毛にいけばいいのでしょうが、脱毛に費やすお金の余裕もありません。

友人に肌が荒れるし、毎日毛を剃るのが大変だと打ち明けると、体毛の薄い友人は毎日なんて剃ったことがないと目を丸くしていました。

ああこれは体毛の濃さを持って生まれてしまった人間にしか分からない苦悩なのだなと痛感しました。

そして中学生くらいからはじまり、何十年と徐毛を繰り返すことで、肌に大変な負担をかけてきてしまったんだなと感じています。

肌の露出の多くなる季節になりました。以前は二の腕も全部剃っていましたが、今では夏でも半袖から出ている腕の部分と膝から足首にかけての部分だけ毛を剃るようにしています。

プールや海に行く機会もなくなりましたし、人に見苦しいと思われない程度に体毛を剃っておけば充分かなと思えるようになりました。

毛を剃りすぎると毛が濃くなるとは言われていますが、剃らずにはいられないのが体毛の濃い人間の悲しきところです。

いつかはお金を貯めてレーザー脱毛したいと思っています。地元には(仙台)レーザー脱毛が受けられるクリニックがいくつかあるので、出来るだけ安いところを見つけて脱毛しようっと!

仙台にレーザー脱毛するなら・・・医療脱毛 仙台